担当物件をいかに
満室稼働させるか
市場調査と的確なストラテジーで
お客様から頼られる営業に

Profile

太田 夏樹

賃貸営業第一部(取材当時)
2014年入社 スポーツリゾート科卒

Career Path

  • 2014年

    社宅営業部に配属。借上社宅の契約手続きや賃料支払い、更新手続きなど、社宅管理代行業務の運営を担当。

  • 2017年

    賃貸営業第一部に異動。賃貸物件のオーナーを対象に、管理や運営、物件の資産価値向上を企図した提案などを展開。

My Work

空室をなくし、常に満室稼働を維持する
確かな運営がオーナー様からの信頼につながる

賃貸物件のオーナー様から委託を受ける形で、賃料の徴収や退去者が出た際の新規入居者募集、賃貸借契約手続きなどを担当しています。この仕事の至上命題は、いかに空室を出さず、満室稼働を維持できるかです。昨今の賃貸住宅市場は競争が激しい供給が需要を上まわっている傾向にあるため、漫然と代行業務にあたっているだけでは不十分。物件の魅力を高めるために、宅配ボックスの新設やインターネット環境の整備、LED照明器具への交換などを提案することもあります。ただし、設備類の新設・交換コストはオーナー様負担になります。やみくもに提案するのでは、費用対効果を望めません。このため、担当物件の周辺にある競合物件の仕様や築年数、賃料などを調べ、どのような対策を施せば競争力を発揮できるかを考える必要があります。この点が最大の難しさですが、半面、自分の提案によって満室稼働が実現し、オーナー様から「おかげで空室がなく助かっている」などといっていただけたときの達成感は格別です。

Turning Point

重荷を単独で背負うような働き方はしない
チームで助け合い、より大きな成果を目指す

私には、賃貸物件の仲介会社で約8年勤務した経験があります。この会社では、担当物件に関する業務はすべて単独で担当するのが普通でした。このため、転職してきてからも、以前と同じように働いていたのです。あまりの業務量にパンクしそうになった際、先輩から「チームで助け合うのが東京建物不動産販売流。ひとりで抱え込む必要はない」と指摘されました。そこでチームのメンバーと情報を共有して業務を分担してみました。すると、次第に余裕が生まれ、オーナー様への提案活動に注力できるようになりました。結果、チームとして業績を高められたのです。つい最近は、社内の他部署がお客様から相談を受け、ご所有の新築賃貸マンションの入居者募集を一棟丸ごと担当することになりました。このときも、折につけて上司や他部署と相談し、さまざまな知恵や力を借りました。この甲斐あって無事に満室でスタートを切ることができました。改めて、東京建物不動産販売で働くことの意味や魅力を実感できました。

Message

尊敬する人からのメッセージ

社宅営業第一部グループリーダー 竹内 晃司

太田君とは、社宅営業部で一緒でした。自身に課せられた仕事は「なにがなんでもやりきる」という姿勢の持ち主で、頼もしく思いました。事実、大手企業様からの大口案件も多く獲得していて、実務面でも大活躍してくれました。半面、ひとりで抱え込んでしまうところが気になりましたが、最近では同僚や他部署の力を借りることの意義にも気づいてくれたようで、ひと安心しています。もともと営業マンとしての能力は高いですし、向上心も旺盛なので、いうことなし。ひとつ注文をつけるなら、今後は後輩の動向にも気を配って、必要に応じて育成やサポートに注力するなど、マネジメント能力も高めてほしいですね。

東京建物不動産販売との出会い

先述のとおり、もとは賃貸の仲介会社に勤務していました。在職中に宅地建物取引士の資格を取り、より経験の幅を広げたいと思うようになったことから、賃貸・売買双方の仲介事業を手がけている大手仲介会社に転職。ところが、思いのほか他部署と連携をすることがなく、総合的な不動産知識やスキルを習得できる場所でなかったことから転職を希望しました。そこで出会ったのが東京建物不動産販売だったのです。

入社を決めた理由

賃貸の仲介会社に在籍していたころから、東京建物が開発する分譲マンション「ブリリア」や賃貸マンション「アパートメンツ」の品質の高さには一目置いていました。実際に、部屋を探している人の多くに、東京建物の物件を紹介していたんですよ。グループ会社であれば、当然、こうした高品質な物件に関われるチャンスも多いだろうと考え、東京建物不動産販売への再転職を決意しました。事業の多様性や社風なども含め、正解だったと実感しています。