教育研修

私たちがお客様に提供しているものは、様々な不動産取引を通じて「一人ひとりの社員」が生み出す「信頼」です。「お客様からの信頼」を得ることも失うことも、一人ひとりの社員の仕事に対する取り組み次第。したがって、東京建物不動産販売にとっての一番の財産は「社員」であり、社員の質の向上は、会社が継続して発展していくうえで、最も重要なことであると考えています。
東京建物不動産販売では「階層別研修」を柱として、「新入社員研修」や「事業本部別研修」などの研修制度、宅地建物取引士をはじめとする資格取得や英語の語学学習を支援するなど個人の能力開発を支援する制度を用意しています。

1. 階層別研修

入社・役職経験年数や昇格等に応じて各種階層別研修を実施します。研修の中には半年程度の長期間で実施していく研修などもあり、不動産スキルに留まらず、様々な能力を開発していきます。また、コンプライアンスやハラスメント研修などを導入し働く環境の充実を図っています。
新入社員に対しては、入社時に社会人として身につけておくべき意識、ビジネスマナー研修をはじめ、企業理念の研修や事業本部ごとのガイダンスを実施します。配属後も現場でのOJT(※カウンセラー制度あり)をベースに、事業本部別研修や実務研修、フォローアップ研修などを実施していきます。また、東京建物グループ合同で新入社員研修を実施するなどグループ間での交流を促す取り組みを行っています。

TOPIC
東京建物グループ合同・新入社員研修

新入社員研修の一部に関しては、東京建物グループ各社で実施する合同研修を導入しています。4月の入社直後には、合宿型研修を実施。入社後半年が経過したタイミングでは各社混合のチームごとにグループ合同運動会を実施。単なる連携強化ではなく、グループ各社で提供するサービスの品質向上や新たな事業やサービス構築の一助となるような研修を目指しています。

2. 事業本部別研修

不動産のプロとして求められる知識・スキルを身につける

事業本部別に実務直結型の研修を実施します。「営業研修」、「接遇研修」、「建物設備・機器研修」、「不動産調査」、「住宅ローン」「税務・法務」など多岐に渡る専門知識・実務を実務担当者及び外部講師により実施しています。また、トレンドに応じたテーマなどについて勉強会なども実施されています。

  • 事業別
    基礎知識研修
  • 提案力
    ブラッシュアップ
  • 営業
    マネジメント研修
  • 接遇ブラッシュアップ電話対応 / 身だしなみ / ホスピタリティ
  • 建物設備、機器研修住宅やビルの構造、設備、メンテナンス把握 / 工場見学 / リノベーション 等
  • 資金相談力研修ローン、税務など
  • 不動産法務研修契約実務など
  • 各種勉強会マーケットトレンド / 各種事例共有

3. 能力開発支援

個人の主体的な能力・キャリア開発を支援する

当社社員には宅地建物取引士の資格取得を義務付けており、その他不動産に関連する資格取得をサポートする「資格取得支援制度」を用意しています。英語や中国語など語学資格についても取得支援の対象としており、専門講師による語学講座なども実施しています。
また、社内において、異なる業務(部署)の実務体験を促す「社内インターンシップ制度」を導入し、個人の前向きなキャリア開発をサポートしています。