売主と買主の間に入り、
知恵を絞り、
想いをカタチにする

Profile

天野 玲

武蔵小杉支店(取材当時)
2008年入社 理工学部卒

Career Path

  • 2008年

    自由が丘支店に配属。この支店は新規出店のモデル店舗的な存在で、リテール系を中心に売買仲介業務を担当。

  • 2011年

    武蔵小杉支店に異動。マンション、土地、戸建、収益不動産などの売買に携わるほか、CRE(Corporate Real Estate)案件の窓口として他部署と連携しながら有効活用や賃貸などを提案。

My Work

東京建物不動産販売の認知を広める

城南エリア、川崎市内を中心に、次のような業務に携わっています。

  • タワーマンションや東京建物が既に分譲したマンションへのDMやチラシ配布を起点にした集客、受注活動。防災訓練などの管理組合イベントへの参加による認知度向上活動。当社にはマンション取引のイメージが強く、そのため、土地や戸建てなども取り扱っていることを、地道な活動で認知を広げる努力をしています。
  • ネットでの反響のあったお客様の査定や物件案内、周辺環境などの物件調査。
  • 金融機関、弁護士事務所、税理士事務所などを訪問し、不動産の取引が発生する情報を収集し、任売売却案件、相続や調停案件などの売買業務を行います。
  • コンサルティング営業部と協業するなどして、マンション建替え事業を推進。
  • 最近は法人のお客様も増えていて、工場やの遊休地の売買なども手がけます。
Turning Point

困難な案件を手がけた経験が成長を促す

物件購入や売却がすぐに決定することは滅多にありません。たとえば売買の価格には売主、買主双方に希望する金額のイメージがあります。しかし高く売りたい人と、安く買いたい人の交渉ですから、金額が最初から一致することはまずありません。私たちは両者の間に入り、双方が満足できるように、知恵を絞ります。
ご家族の中でも意見が一致しないことや不動産会社に対する不信感がある場合もあります。目黒区のある約90坪の売買仲介に携わったときのことです。売主は高齢の女性3名でしたが、打ち合わせに毎回、それぞれのご主人も同席され、私一人を6人が囲んでの交渉でした。説明や資料の要求度も高く、苦労しました。過去に不動産会社への不信を抱くことがあったのだと思います。契約後にもさまざまな課題が起こり、解約の危機もありました。しかし無事に決済が終わり、銀行を出た瞬間、売主さんに「あなたにお願いしてよかった」と言われたことは今でも印象に残っています。数多くの案件を手がけ、難関を乗り越えることが、やりがいにもなり、自分の成長にもつながっていると思います。

Message

尊敬する人からのメッセージ

幸山 博道 賃貸営業部長

天野君は私が武蔵小杉支店に赴任して最初に会った時から、仕事をしっかりやる営業マンと直感しました。「やるべき営業業務・数字は自分のスタイルにて責任を持ってやりきってみせる」そういうタイプの頼もしい営業マンでしたので、私の方からあれこれ事細かく指示するよりも、彼の個性を重んじて、自由に泳いでもらう為の水槽づくりに意識的に徹しました。営業は100人いれば、100通り、その人なりの営業スタイルがあります。私自身も直接営業に携わっていた時は、自由に泳がせてもらった感があります。不動産の仕事は、やりがいや面白さ、充実感がないと長く続きません。その意味でも、個性をスポイルすることなく、大きく育てていくことが上司として大切だと考えます。天野君は現在も活躍していると聞いていますので、今のまま自然に成長してくれれば、さらに磨きのかかった仲介マンになると期待しています。

東京建物不動産販売との出会い

新卒でまずハウスメーカーに就職し、営業を担当していました。その後、地場の小規模な不動産会社に転職しました。地域に密着し、顧客との信頼関係の中で、きめ細やかに小回りの効く営業ができることにやりがいを感じていましたが、反面、待遇が景気変動に影響され、不安定になりやすいという問題も大きく、いろいろ悩んだうえで転職を決め転職先を探していました。これまでの経験が活かせる企業であり、安定性のある大手不動産流通企業の一社として、当社を知りました。

入社を決めた理由

私がそれまで培ってきた経験を活用でき、不動産仲介を主とした事業安定性を持つ企業であることが大きなポイントでした。就職活動では、個人仲介に限定せず、当社のように仲介はもちろんアセットソリューションや賃貸といった柱となる事業を持ち、堅実な業績を上げている総合不動産業をめざしました。当社の場合、歴史ある企業であるとともに、自発性や積極性が尊重される社風があり、個人の裁量権が大きい職場環境も魅力でした。